晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間って勝手だよね
http://mytown.asahi.com/akita/
news.php?k_id=05000000703240001


== 記事引用 =========
■暖冬少雪の影響?2頭の兄弟子グマ保護

2月12日午前10時ごろ、上小阿仁村の山林で、木の伐採をしていた作業員が根元にクマの穴があるのを見つけた。
例年なら辺りは1メートル以上の積雪があるが、暖冬の影響で地表が見えていた。

穴には雌グマが冬眠していた。作業員を襲う危険があるとして、連絡を受けた猟友会の男性が射殺した。雌グマを穴から引っ張り出すと、生まれたばかりの雄グマ2頭を抱きかかえるようにしていたという。
子グマは体長約20センチ、体重は1キロにも満たない。足で体を支えることもままならず、目さえ開いていなかった。

野生に戻すことも出来ない。エサの取り方を教わっていないため、餓死する可能性があるからだ。
人慣れしているため、里に下りて人を襲う可能性もある。

2頭がいる大型犬用のハウスは近く手狭になるが、センターにはクマを育てるようなオリや施設はない。鋭い牙とツメがあり、屋内でも飼えない。

暖冬でなければ、今ごろ母グマと一緒にいたことだろうに。
== 記事引用 =========


人間ってホント勝手だよね・・・

最後の締めくくりに「暖冬のせい・・・」という終わり方をしているが、これはいくらなんでもあんまりですね。

暖冬を理由に熊の寝込みを襲って殺し、更にその傍にいた子熊をどうしよう・・・ってそりゃ無いよ・・・

仮に暖冬が理由としよう。
だとしたら、その暖冬の理由を作っているのは他ならぬ人間なのになぁ

木の伐採はまさに暖冬の原因じゃないか!

たしかに、木の伐採は人間の生活の為であり、熊の射殺は人が襲われてからでは遅いから事前に射殺したのは分かるんだが、何とも腑に落ちないニュースですね。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai
/wadai/news/20070325k0000m030059000c.html


== 記事引用 =============
■ホッキョクグマ:人工飼育巡りドイツで論争

ベルリン動物園で生まれた赤ちゃんホッキョクグマの人工飼育を巡りドイツで論争が起きている。発端は一部の動物愛護団体が「人工飼育は自然の法則に反する」と安楽死を主張したことに同園が反発したこと。

同園によると生後間もなく母グマが育児を放棄し、双子の一方は死んだ。このため飼育係のデルフラインさんらが、ほ乳瓶でミルクを与え人工飼育している。

一部の環境保護団体は「ホッキョクグマの生存率は非常に低い。動物は自然に育てるべきで安楽死させた方がいい」と主張した。
== 記事引用 =============

そりゃないよ!
って感じですよね。

人工飼育は自然の法則に反するって言うのなら、動物園で飼育する事自体が自然の法則に反しているのではないだろうか・・・

矛盾はまだまだ多く、不自然に生まれて来たという理由で安楽死をさせるのは自然なのか!?という所ですよね。

かたや、動物を殺して肉を食べるのは辞めようと謡いつつ、不自然な環境で生まれてきた動物の赤ちゃんは殺すべしと言ってるんですよね。
じゃあ家畜としている動物は不自然に生まれているんだから、殺して肉を食べる事が自然な行為になってしまうじゃないか!
っと矛盾だらけですよね。

もちろん人間が病院に行って病気を治すことも不自然な事になりますよねぇ

そして更に引っかかるポイントが、ホッキョクグマの生存率は非常に低いから安楽死させた方が良いという言い方。

人間ってホント、エゴイストですなぁ。


ランキングに投票する場合はポチっとね






テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。