晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
企業の価値
不二家がもうグダグダになってますね。
蛾が混入したチョコに対して苦情を言ったら、

不二家:「人体に影響ありません」
一般客:「じゃあ食べてください」
不二家:「それはちょっと・・・」

という無責任な発言したり、
シュークリームの細菌検査では細菌数は

「無限」

とかほざいたり、
お菓子を地面に落としても

「3秒以内に拾えば販売可能」

とか、どんどんここぞとばかり炙り出されますね。

まぁ今までずさんな管理をしてきた不二家のツケが回って来たんでしょうが、マスコミも不二家の粗探しばかりしてないで、他の食品メーカーもチェックして欲しいなぁと思う今日この頃。

他の食品メーカーも絶対こーゆーのあると思うんだよなぁ。
まぁこの事件がきっかけで他のメーカーも変わって欲しいな。

何にしても昨日、不二家の商品とは気付かず、「ホームパイ」を購入しました。

俺も嫁も腹をくだしました。
(今このブログ書いているときもトイレに駆け込んだりしてます。)
不二家の商品のせいかどうか分からないですが、もう買うのは辞めておこう・・・

さてさて、何かと問題ばかり起こすガンホーですが、どうも仕事をきちんとしていませんね。

http://blog.livedoor.jp/botnews/archives/
2007-01.html#20070128


===記事引用=======
全ワールドに存在する「泡姫」という名前のキャラクターが、他のプレイヤーに
不快感を与えると判断され、現在までにスクリーンショットが出ているだけでも、3人のキャラクターが
削除に追い込まれているようだ。中には、作成されてから1年以上が経過した高レベルキャラクターや、
100MZeny以上の大金を持ったキャラクターも含まれていたという。
===記事引用=======

呆れてしまいました。
以前「ぽっこ・ちん(* ̄ー ̄)v」という名前を付けただけでBANとゆー暴挙をやってましたが、今回もすごいですね。

正直、この事件で初めて「泡姫」という言葉が風俗用語ということを知りました。
ガンホーの社員はよほど風俗好きなんですね。
BOTの改行コード入り名前の時はBANしなかったが、性に関する知識は非常に豊富なだけに敏感です。
メンテ中に行ってるんかな~

そもそも未成年も多いこのゲームで、「泡姫」が風俗用語と知らない人が付けてもおかしくないような気がします。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン原作の童話 人魚姫というものがあります。
その話では船の上にいる美しい人間の王子を目にする。嵐に遭い難破した船から王子を救い出した人魚姫は、王子に恋をする。
海の魔女に声と引き換えに尻尾を人間の足に変えられる薬を貰います。
しかし、その薬は「もし王子が他の娘と結婚するような事になれば、姫は海の泡となって消えてしまう」というものです。
更に人間の足だと歩くたびにナイフで抉られるような痛みを感じる事ようになると・・・
しかし王子と一緒に御殿で暮らせるようになった人魚ですが、声が出せない為、人魚姫は王子を救った事実を話せず、王子は人魚姫が命の恩人である事に気付かない。
そのうちに事実は捻じ曲がり、王子は偶然浜を通りかかった娘が命の恩人と勘違いしてしまう。
やがて王子と娘との結婚が決まる。
悲観に暮れる人魚姫の前に現れた姫の姉たちが、髪と引き換えに海の魔女に貰った短剣を差し出し、王子の流した血で人魚の姿に戻れる事を教える。愛する王子を殺す事の出来ない人魚姫は死を選び、海に身を投げて泡に姿を変え、空気の精となって天国へ昇っていった。

参考:ウィキペディア


どこまでも純粋に王子を愛し続けながら報われなかった悲しい人魚姫の物語です。
この物語より「泡姫」という名前が生まれるようになったのです。

風俗店は知ってか知らぬか分からないですが「泡姫」という言葉を業界語として勝手に利用しただけなのです。
ガンホーは風俗関係だけの知識が豊富さゆえに、本来の言葉の意味(又は別の意味)を理解しようとしない気がします。
ガンホーという言葉が風俗用語として活発になったらガンホーは会社を潰すのかい?って聞きたくなります。

もし、小中学生の女の子が可愛い名前を付けようと思って「泡姫」と付けたとしたら、ガンホーから公序良俗に反します!っと一方的に押し付けられて子供の心を傷つけても問題ないという認識ですね。

仮に風俗店用語が問題とあくまでガンホーが言い張るとしたら、ガンホーの系列会社が販売しているカードゲームのアクエリアンエイジに出てくるカードはどうなるんでしょうね?
このゲームに「泡姫」というカードが登場します。
ユーザが「泡姫」というキャラを作ったらBAN、でも自分達は「泡姫」という名前の商品を販売。
矛盾しまくりですね。
(もしかしてアクエリアンエイジってエロゲー??)
さすがガンホー!自分本位の所だけは素晴らしい!

とまぁガンホーの思い込みにより、規約違反に当たる「性的な名称」としよう。
だとしたら名前変更を許容すべきだと俺は思いますね。
よほどわざと付けた「性的な名称」ならいざ知らず、今回のように人によって捕らえ方の違う名称はガンホーの言う「黒」とは少々言い難いですね。

BANされた人は一年以上育ててきたキャラもいます。
お金も100Mやレベルも95やら、一朝一夕でなんとかなるようなものではありません。
そこまで育て上げるまでに何千、何万ってお金を費やしてきたことでしょう。
プレイ時間も膨大です。

ガンホーにとっては所詮ただのデータかもしれません。
しかしそこには「人の思い」、「お金」、「時間」が濃縮されているのです。

自分は神だと言わんばかりに上記のような大事な物を簡単に握り潰し、仕事をした気になっているようじゃあ、いつまで立ってもユーザと気持ちは通じ合えないでしょうね。


ランキングに投票する場合はポチっとね





人魚姫

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。