晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺もこんな時代あった
http://news.ameba.jp/2007/01/3029.php

====記事引用================
勉強を何のためにするのかをうまく説明する方法

センター試験が終わり、受験生も一息ついているこの時期だが、ネット上では勉強する意味が問われている。子供に「どうして勉強しなければならないの?」と聞かれたら、皆さんはなんと答えるだろうか。「将来幸せになるため」、「立派な大人になるため」などはすぐに思いつくだろう。
====記事引用================

あぁなんだか分かる分かる。
俺もこんな疑問を持ってた時代があったなぁ・・・

たしかに大人ってこんな単純な疑問に対して明確に答えを出さないですよね。
うまくはぐらかすと言うか、

「つべこべ言わず勉強しろ!」
とか
「学生の仕事は勉強だ!働かざるもの食うべからず!」
とか
「将来の幅が広がる」
とか
「良い大学に入らなければ良い暮らしが出来ない」
とかとか・・・

どれもピンときませんよねぇ・・・

実際学校で勉強する内容は会社に入って使うわけでもなく、じゃあ学生時代から会社で役立つ為の勉強すればいいじゃんって突っ込みたくなる子供が出てきてもおかしくありませんね。

たしかに勉強に対して疑問を持っている子供達の言う事は一理あると思います。

国語はまぁ置いといて、数学や理科なんて特に会社では使わないですよね。(算数は必要だよ!)
社会に関しては、日本人ほど自分の国の歴史や文化を知らない国は無いと言われるぐらい日本人は自分の国について無知な人が多いので、これは会社で必要というか常識として必要ですね。
英語に関しては社会に出ても必要ではあるが、現状の英語教育では全くもって役に立ちませんね。

総称して見てみると確かに社会で必要な知識を勉強しているのかなぁと思うと余りそうは見えませんよね。

じゃあ学校で勉強は必要ないの???

と思う人も多数居るかもしれませんが、俺の考えではそうではないですね。

ここから先に書く内容はあくまで俺の考えなのであって正解では無いので流す程度に見ておいて欲しいのですが・・・


結論から言いますと、俺の考えではやっぱり学校での勉強は必要と考えます。

学校で得る知識はたしかに社会に出て役に立たないものが多いかもしれません。
無論俺もそうと考えています。

俺の考えはむしろ

「勉強の仕方を勉強する」

と考えてます。


会社に入ればまず最初に仕事の手順を上司や先輩達に教わりますよね。
最初のうちは必至に先輩達の話に耳を傾け仕事を覚えていきますよね。

ですが、そのうち仕事をこなす上でどうしても理解しなければならない作業内容がたくさん出てきます。
更に、仕事をこなす上で必要な専門知識も出てきます。

しかし、会社という組織の中で勤務時間とはあくまで仕事をしなければなりません。
仕事をしなければ会社にとってはただの損失の原因でしかありません。
入社したての若者ならまだしも、それなりのベテランになると勤務時間中に勉強など出来ないのです。
そう、勤務時間とは勉強する時間ではなく仕事をする時間なのです。

理解しなければならない専門知識や作業工程を勉強する暇などないのです。

大手企業に行けばしっかりした研修がありますが、それでも時代は流れています。5年6年のベテランでさえ勉強しないとやっていけないです。

しかし勤務時間に勉強するわけにはいきません。

じゃあいつ勉強するの???

そう勉強時間というものは本当にごくわずかな休憩時間や、帰宅後の自由な時間や、休日の日に限られるわけです。

家庭を持っている人ならば休日の日は家族サービスをしないといけません。
休憩時間と言っても同じ職場の仲間や友人とコミュニケーションだって取ります。
帰宅後だってやっとこさ仕事が終わった後だからノンビリだってしたいです。

そう時間が無いのです。

そこで学生時代の経験が活かされるのです。

僅かな時間でいかに効率よく知識を習得し、次の日の仕事に活かすかが大事なのです。

学生時代に全く勉強せずにいきなり会社に入ったらどうでしょう?
仕事内容をどうやって早く習得するかなんて分からないでしょ。


だから俺は学校の勉強は必要だと考えるわけです。

俺が学生時代にこの疑問を明確に答えてくれる人はいなかったです。
俺が今だからこそ言える内容です。
俺の考えは間違ってるかもしれない。
間違っているかもしれないが、俺は会社に入って感じた素直な考えです。


しかし、これだけは言えます。

たしかに学校で習う授業では「勉強の仕方」さえもまとも学ぶことが出来ないのが現状ですね。
試験前に慌てて単語を覚えたり年表覚えたり・・・
暗記のテクニックを教え、塾によっては各大学の攻略方法とか・・・
こんな方法じゃあ役に立ちませんよね。

覚える≒理解する

そう、試験前に慌てて勉強しても「覚える」だけで「理解」まで到達していない為、知識を頭に入れただけで何も応用が出来ないんですよね。

じゃあ試験期間だけじゃなくて普段から勉強すればいいじゃないかっと思う人もいると思いますが、「試験」「受験」というものが存在する以上、多くの人が試験前に慌てるんじゃないでしょうか?

そう、「試験」や「受験」なんてイベントがあるから、どうしても集中的に詰め込もうとしてしまうのです。

こんな勉強方法じゃあたしかに役に立ちません。。。

もっと勉強の本質を大事にしないといけないですね。
例えば

国語:人とのコミュニケーションスキルの上達
数学:考える力を養う
理科:発想力を養う
社会:歴史や文化を国外の人に紹介
英語:海外に行って会話が出来るようにする

こんな風に捕らえると勉強も違って見えてくるのではないでしょうか?


今現在は「ゆとり」と言う名の「甘やかし」教育で日本の学力は悲惨な状態になりつつあります。
国ではなんとかしようなんとかしよう必至になっていますが、今後日本はどうなるんでしょうね。



ランキングに投票する場合はポチっとね




テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
なんか、自分の考えが少し変ったようなきがしたよw
2007/01/26 (金) 21:24:06 | URL | 劉陣 #2eqn6/iI[ 編集]
(´-ω-`) たまにゎいいことも言うね。
少しキットsnを見直したよ。
2007/01/27 (土) 14:31:52 | URL | ありさ #D4zl0nFc[ 編集]
>針㌧
勉強と遊び、この二つをいかに両立させるかが大事だからねw

>ありさ㌧
たまにはってなんだw
たまにはってw
2007/01/29 (月) 09:25:06 | URL | KIT #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。