晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Winny
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061213-00000002-yom-soci

ウィニー開発者に罰金150万円、著作権侵害を認識

==記事抜粋==========
ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を開発、インターネットで公開し、ゲームソフトなどの違法コピーを手助けしたとして、著作権法違反(公衆送信権の侵害)ほう助罪に問われた元東京大大学院助手金子勇被告(36)の判決が13日、京都地裁であった。
==記事抜粋==========

とうとう判決が出ましたね。

俺自身Winnyは使っていないので、今後使えなくなろうがどうなろうが知ったこっちゃないんですが、この判決は日本が世界から見てIT産業が遅れているなぁ感じさせる内容でした。

ソフト開発者を有罪にするとか頭悪すぎ。
ネット社会の知識が薄い連中が出した判決って感じですね。
良く知らないけど、最近良く起きる事件の元凶になったソフトの開発者だからとりあえず有罪にしておこうっていう感じで判決を下したようにしか見えませんでした。

そもそも金子氏が逮捕された理由は、「著作権法違反幇助」なんですよね。
そう金子氏はWinnyを利用して著作権法を違反したことはないのです。
あくまで幇助であるのです。

しかし実際に幇助したかというと、実は幇助していないのです。
(確認されていません)

もしも金子氏の逮捕前に逮捕された、Winnyを利用して著作権法に違反した2名の人間と実際にメールでやり取りしてソフトのアップデートをしていれば幇助になりますが、もちろんそんなことをしていません。

またWinnyを使って著作権を侵害する行為をしないよう、利用者に呼びかけていたので、幇助どころか著作権を守ろうとしていたのです。

そう、実は金子氏は著作権法違反幇助ということはしていなかったのです。

じゃあなんで逮捕されたの?っていうところにきますよね。
警察曰く取調室で

「著作権法に挑発的な態度を示していたから」

というような発言をしていたからです。
(取調べの方法にも疑惑はあるらしいんですけどね)

これはある意味すごいことなんですよね。

言論の自由とかいう言葉はあまり使いたくないのですが、

著作権法違反幇助になる行為を行わなくても、著作権法へ挑発的な考えを持っているだけで有罪になるということなんですよね。

これがWinny開発者が逮捕されるのはおかしいよ!という声が上がる一番の要因だったんですよね。

俺が今回の判決に批判的なのは、決して金子氏が可愛そうだからとかそういうのじゃなくて逮捕理由があまりにもいい加減なことだったんですよね。
今回金子氏が有罪になるなら、WinnyやShareの使い方を紹介している雑誌の会社はみんな有罪ですよ。
もちろんエミュレーターのROMのありかを書いたりしている雑誌もみ~んな罰せられなかったら不公平ですよね。

ちなみに海外でもP2P技術が発達しているので日本と同じような事例があるのですが、アメリカやオランダではP2Pソフト開発者が罰せられるようなことはないのです。

そうソフト自体には何も罪は無いんですよ。
利用する側の人間に罪があるんです。
どんなソフトだって使い方次第でいくらでも悪さは出来ます。

日本はどうも本質の悪い部分は面倒くさがって放置しているように見えます。
本当に悪いのはWinnyを利用して著作権法違反した人が悪いのに、ソフト開発者を有罪にするんですからね。

日本の社会ってすごく理不尽な事が多いですよね?
結局は世の中ずる賢く悪さしたほうが勝ちなのでしょうね・・・な~んて書くと俺も罰せられることになるので書かないでおこう。

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
仕事絡みのことはあんまり言うつもりはないけど、一応簡単に俺の意見。
日本の著作権法は世界的基準で考えても最先端を走っているといえるLv。
ちなみに世界的に見て遅れていると言えるのは、おまえさんが例として挙げたアメリカ等。これは政治家と特定団体との結びつきが諸外国よりも強いためと言われている。
さて、ここで俺が言いたいのは、警察との取調べで「挑発的行為」をしたからが本当の理由か?ということ。
それが本質とするならば、あまりにも短絡的でおまえが問題にするのも理解できる。
だが、それはどこから得た情報かがここでの問題。仮におまえがその情報をネットや娯楽メディア等から得ている場合は意図的に情報が歪曲されている可能性が高い。その手の情報源は多数の興味を引くためにちと刺激のある言葉で表現されているからな。
では、本当の理由は?
んー凄まじく難しいからここで書くのは止めておくけど、つまりは「最先端を走るということ=新規事例について手探り」ということを覚えていてほしい。
こーゆー法律は誰をどこまで保護の対象
にするかがとても難しいからだ。
今回ソフト開発者が有罪になったことにより、音楽・映像団体(その団体の従業員)の利益は守られる。そのことを忘れてはいけない。
悪用する者が悪いというのはすごくもっともで、理想的な答えだけれど、じゃあその人物を日本全国から特定できるのか?
毎日の様に発生するこの手の問題を取り締まろうと思ったら、それこそ非現実的でしかない。
理想とは言葉を変えれば道徳とも言えるかもしれないが、法律は道徳ではない。
限りなく道徳を追求したいが、現実にも直面しなければいけないジレンマ、その産物が法律だと俺は思っている。
その法律を基に下されるのが判決であるわけだから、やはり今回のように「幇助はしていない」と言っても「結果的に幇助した」と言われることもあるんだよ。
・・・まぁおまえの言いたいことも分かるけどね。
2006/12/14 (木) 04:06:31 | URL | 鬼平☆ #-[ 編集]
だとしたらすべてのP2Pソフト開発者は裁かれるべきじゃないのかな?

もちろん動画を自由にアップできるようなYouTubeみたいなところも裁かれるべきはず。

そもそもソフトを開発しただけで有罪というのはあまりにおかしいと思うのだが・・・
(ウイルスならともかくとしてね)

じゃあ逆に包丁を利用して殺人を犯した場合、包丁の職人は裁かれるべきになるってことじゃない?

包丁の職人は元々殺人のために作ろうとしたんじゃなくて生活を便利にするために作ったでしょ?
使い手が勝手に殺人に利用しただけ。
P2Pソフトも元々ファイル共有が目的で作られたソフト。
決して著作権侵害の為に作ったわけじゃない。

ようは使い手側が勝手な解釈で著作権を侵害したのに何故、開発者が有罪になるの??

ちなみに「挑発的行為」というのは警察が発表した内容ですよ。
朝日ニュースに載っていた記事の内容です。

>今回ソフト開発者が有罪になったことにより、音楽・映像団体(その団体の従業員)の利益は守られる。

この答えはNOですね。
WinnyはP2Pソフトのひとつに過ぎなくて世の中には山のようなP2Pソフトがあって、たまたまWinnyが有名なだけですよ。
ほかにもP2Pじゃなくてもうpろだやファイルバンク、FTP交換、著作権を侵害するものをすべて取り上げるとWinnyはわずかに過ぎないですよ。
2006/12/14 (木) 11:34:57 | URL | ひろろん #-[ 編集]
著作権を侵害する為だけに作られたソフトであればこんなに問題にならないと思われ。
むしろ、やっぱりね~ぐらいで終わるんだよ。

今回Winnyがこれだけ騒がれたのって元々ファイル共有の目的で作られたソフトが利用者が勝手に著作権違反した為、開発者が逮捕されてるんだぜ。

とんだとばっちりとゆーか理不尽で仕方なくね?

なんでWinnyだけがこんなに有名になったかはコンピューター雑誌が、Winnyを使って市販のコピー品が手に入るぞ!って記事を取り上げて、具体的な手法まで記載したからたまたま有名になっただけ。

本当に著作権幇助で逮捕するんなら雑誌の出版社を逮捕するのが正しいんじゃないか?

>さて、ここで俺が言いたいのは、警察との取調べで「挑発的行為」をしたからが本当の理由か?ということ。

警察が上の事を発表したから騒がれたんじゃないか。
著作権違反や著作権違反幇助したのであれば当然だな、で終わってるんだろ


>今回ソフト開発者が有罪になったことにより、音楽・映像団体(その団体の従業員)の利益は守られる。そのことを忘れてはいけない

ありえないありえない。
Winnyなんてとっくの昔に開発者の手から離れてどんどん今現在アップデートされ続けてますよ。

>毎日の様に発生するこの手の問題を取り締まろうと思ったら、それこそ非現実的でしかない。

たしかにそうかもな
だとしても開発者逮捕は全く持って解決方法に結びつかないぞ。
それなら国内でP2Pソフトを使用することを禁止する法律作ったほうが早くね?
いきなり開発者逮捕とかさらし首と同じだな。

>鬼平☆氏
逆に自分が何かソフトを作ったとしよう。
もちろん自分がパソコンする上で便利になるツールを作り、それを配布したところ、たまたま悪さする人が現れ、雑誌で悪いことに使用する方法が書かれ、社会問題になり、自分が逮捕されたらなんでやねん!って思わない?

Winnyを擁護するんじゃなくて、開発者を逮捕するのが不当ってことで騒がれてるんだと思われ。
ソフトには何も罪はないんだって

まぁこの判決で日本では自由にソフトウェアを作ることが禁止されたようなもんだ。
どんどん世界に取り残されていくな。
Winnyは良くない事ばかりに使われているが技術だけは素晴らしいものだったんだがなぁ。
2006/12/14 (木) 13:39:22 | URL | ハルマゲドン #-[ 編集]
おお、2つもコメントに対するコメントが来ているw
まずは、お二人に感謝。
さて、お二人のお話は至極ごもっとも。ただし、もう少し意見を述べさせて頂きたい。
著作権法には「無断で【コピー】されない権利」「無断で【公衆に伝達】されない権利」がありますよね?それらを総合的に考慮した結果、幇助と言われても仕方ないのでは?と俺は俺の意見を言っているのです。
>だとしたらすべてのP2Pソフト開発者は裁かれるべきじゃないのかな?
>WinnyはP2Pソフトのひとつに過ぎなくて世の中には山のようなP2Pソフトがあって、たまたまWinnyが有名なだけですよ。

そうですね、今後とも同じ理由で有罪が確定するのであれば、可能な限りその様にしなければいけないでしょうね。(今回は特に有名だったからでしょうが)

>「挑発的行為」~

スイマセン、俺の方の不手際です。情報ありがとうございます。

>利益は守られる。

これに対しては直接的な意味ではなく、今回判例として残ったことにより、今後の布石として間接的に利益は守られると言う意味です。それこそハルマゲドンさんがおっしゃっているように法律制定等ですね。長い目で見ての「利益保護」とご理解頂きたい。

>包丁の職人は元々殺人のために作ろうとしたんじゃなくて生活を便利にするために作ったでしょ?
>決して著作権侵害の為に作ったわけじゃない。

その様に司法は判断しなかったんでしょうねぇ。

>鬼平☆氏へ~

逆に俺が、例えば音楽等を作る立場ならそうは思いませんよ?苦労してやっと作った曲があったとします。それをさらに苦労してやっとCDなりに加工して、さぁこれからやっと苦労が報われるぞ!!と思ったら不特定多数の人間が容易に手に入れられる環境があった・・・・。もちろんその時の俺は、その不特定多数の人間(今回で言うとソフト使用者ですね)に対して恨みを覚えるでしょうが、何よりもそのような環境を作った人間を恨むでしょう。

>さらし首~

これについては激しく同感ですね。ある意味で犠牲者とも言えるのではないでしょうか。

最後に、返答の順番がバラバラで申し訳ないです。それと俺は司法、もちろんソフト開発者双方を擁護するわけでもなく、俺の考え方を基準に俺の意見をKITに述べただけです。そのことに異論反論とは言え反応してくれた2人に多謝。
2006/12/15 (金) 02:19:54 | URL | 鬼平☆ #-[ 編集]
アクセス解析でROMしている人は多いなぁとは思っていたがこんなにコメントが付いたのは久々だ・・・

>ひろろん さん、ハルマゲドンさん

お二人とも始めまして。
鬼っちとはリアル友人なのでよくこんな議論を交わすこと日常なのでそんなに過敏に反応しなくてもいいっすよw
あくまで鬼っちの考えを述べているだけなんで、十人十色というの言葉があるように人それぞれの意見があって、あぁこういう考えの人もいるな~的に捕らえて頂ければw


>鬼っち

>日本の著作権法は世界的基準で考えても最先端を走っているといえるLv。

俺は一言も著作権法が遅れているとは言ってないじょ。
むしろ日本の著作権法は世界の中で進んでいると思ってるよ。
俺は、ネット知識に関しての意識や知識が諸外国に比べて遅れているなぁと言っているのだ。

>さて、ここで俺が言いたいのは、警察との取調べで「挑発的行為」をしたからが本当の理由か?

前二人が言ったとおり、この事を警察が発表したから問題になったのさ。
著作権違反もせず、著作権幇助もせず、ただ著作権法に挑発的な発言をしたから逮捕って随分無茶苦茶だなぁてね。

>今回ソフト開発者が有罪になったことにより、音楽・映像団体(その団体の従業員)の利益は守られる。そのことを忘れてはいけない。

そもそも前二人も言ったとおり、ソフト自体には実際罪は何もないと思うんだよね。
使い手側の勝手な解釈次第で悪用出来るものを、開発者を逮捕して間接的に著作権を守るのはいくらなんでもあんまりな気がしてならないんだよね。
それよりか地道にWinnyで著作権違反している人を取り締まっていくことで徐々に収束させるほうがいいんじゃないかなぁと。
悪用している人を全く持って特定できないわけではないからね。

そもそもP2Pとはサーバやクライアントといった概念を認識しない技術を用いて、コンピューター間のファイルのやり取りをスムーズにする為に生み出された技術なんよね。
決して著作権違反のために生み出された技術ではないんだよね。


>逆に俺が、例えば音楽等を作る立場ならそうは思いませんよ?

これでもやはり開発者を恨むことはしないかな。
何故なら、自分が音楽を作った際にMDにコピーし配布している事が各地で起こった場合、MDコンポの作り手を恨むのではなく、やはりコピーした張本人達を恨むからね。

もちろん裁判になった時も作り手が有罪になることはないよね。

やっている事は同じなのに、かたや有罪で、かたや無罪どころか裁判の対象にすらならない両者がどうしてこんなに違うのかっていうのが疑問なんだよね。

このような意識のズレが生じたのは、MDコンポの方は自由に借りてきた音楽をコピーしたり、自分用のバックアップ用と企業がクリーンなイメージでCMした為、国民の意識の中でも良いイメージしか無いんよね。
一方Winnyの方はコンピューター雑誌がこぞって市販の映画や音楽CDがタダで手に入る!とか具体的な著作権違反の方法をことこまかに説明し、アングラ色の強い悪いイメージしか載せなかったんよね。


結局、多くの国民(警察官も裁判官も含む)はP2Pは悪いものだ!っていう先入観が強すぎると思うんよ。

2000年にビルゲイツ氏が目を付けているのはP2Pだって発表しているが、これは将来P2Pが非常に儲かる技術になる可能性が高いことを示してるんだよね。
これは今日本で摘み取ろうとしてるんよ。

ついこの間発売されたWindows VistaにもWinnyと同じP2P技術が採用されたWinFXってのがあるんだよね。
じゃあVistaを日本で発売したらまずいのでは?っていう話にもなってくるんよね。

便利な技術ってのは便利な分、利用方法でいくらでも悪さが出来る。
だから新しい技術(例えばインターネット等)が開発されたらそれに柔軟に対応できる仕組みを作っていかないといけないと思うんだよね。
頭ごなしに新しい技術を作った人を潰せば確かに悪用者が減るかもしれないけど、それは技術の進歩を妨げるのではないのかなぁと思ったのだ。
2006/12/15 (金) 17:58:36 | URL | KIT #-[ 編集]
>限りなく道徳を追求したいが、現実にも直面しなければいけないジレンマ、その産物が法律だと俺は思っている。

そういったジレンマを解消していくのも大事じゃないかな?
昔は良かったが今は良くないことって一杯あるわけで、「幇助はしていない」と言っても「結果的に幇助した」と言われて、ハイそうですねって納得するだけじゃなくて、矛盾点を少しでも失くす為には、やっぱり国民一人一人の反対意見や批判も大事なのではないかなぁと思うわけよ。
2006/12/15 (金) 18:20:52 | URL | KIT #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。