晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愚痴
最近、飲酒運転による悲惨な事故が相次いでいて犠牲者や犠牲者の親族知り合いはさぞ辛いだろうなぁと思っています。
そんな中、死ぬほど頭の悪い人間がいます。
9月25日の古い記事ですが。。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060925-00000108-mai-soci

静岡県の石川嘉延知事の話題ですが、記事の内容はこんなんです。

==記事内容================
静岡県の石川嘉延知事は25日、公務員の飲酒運転について「酒を飲んだらすべて免職というのは、日本の雇用慣行からすると死刑判決に等しい」と各地で相次ぐ厳罰化の動きに疑問を示した。
==記事内容================

これだけ悲惨な事故が相次いでいるのに何をド阿呆で情けなく惨めな発言をしてるんだと思いました。

死刑判決に等しい?
実際に死刑になるわけでもなければ、また再就職すれば普通に生活が送れるだろう?
むしろ、飲酒運転で何も罪も無い人間をそれこそ死刑にするようなもんだぞ?
どこまで頭が悪いんだろうって情けなくなりました。

勉強ばかりして一般的な道徳を勉強せずに育ってきたんだろうなぁって実感しました。
本当に学力社会でいいのかなぁ・・・

ぶっちゃけた話、飲酒運転さえしなければいいだけの話。
法律を犯すけど解雇しないでってそれはムシが良すぎないか?
飲酒運転で殺された人間は人生そのものを失うんだぜ・・・

そもそも飲酒運転の罰則が厳しくなる背景には、元々飲酒運転しない人はしないのであって、常習犯がいるから厳しくなるのです。

どうやら静岡県の石川知事は自ら飲酒運転をしているから捕まったとき困る!と言いたいらしい。
「公務員の飲酒運転について」と言っている辺りがなお、自分が法を犯す可能性があることを強調しています。

何も飲酒運転をしないことが生活に支障を来たす無理難題を押し付けているわけではない。
飲むならタクシーで帰ればいい、車で来たら代行を呼べばいい、バスのある時間に帰ればいい。
たったこれだけの話。
面倒だから飲酒運転の常習者は飲酒運転をしているだけ。
そんな人を擁護するとは、石川知事も地に堕ちましたね。

飲酒運転は刃物を振り回しながら歩いているのと同じ。
むしろそれ以上です。

石川知事の家族、親戚、親友が飲酒運転の被害者になった時、同じ事が言えるかどうか。。。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。