晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジャヴ
boku20070803_01.jpg


一時期マスコミはこれでもかってぐらいホリ●モンをヨイショヨイショし、突然徹底的に叩いたことを皆さんの記憶にも新しいと思います。

当時ホリエ●ンは「プロ球団買収」をきっかけに大胆な買収行為で一気に有名になりましたよね。
20代の間ではカリスマ的な存在になる一方、中高年層にはあまり良くは思われていなかった面もありました。

ホリエモンも村上ファ●ドもですが、いわゆるお金病の患者でしたね。
人間とは欲深いもので、一般人は100億も稼いだらのんびり家でも建てて遊びたいって思うものですが、いざ100億も稼ぎ出すと1億減るのが許せず意地でも稼ごうとします。
たとえ年間何億も稼ぎ家を建て、自宅にプールまで設置しても、毎日毎日死ぬほど働いてプールを利用しない人は、はたした幸せなのでしょうか?
さて話が変わりますが、昨日WBAライトフライ級王座決定戦で亀田選手 対 フアン・ランダエタ選手の試合がありましたよね。

生粋のボクシングファンや格闘技ファンなら誰しもが思った事。
そう疑惑の判定が今、巷で噂になっていますね。

かくいう俺も昨日の試合は少々納得がいきませんでした。
嫁はボクシングが嫌いなのであまり見ていませんでしたが、俺は最初から最後まで見ていました。
個人的にはあの判定は納得がいっていないのが本音です。
亀田選手の事は嫌いではないですが(むしろファンでしたが)、今回は不信感が高まりましたね。

そして試合後の亀田選手の発言も少々微妙でした。
初回ダウンは俺流のサプライズや、とかあの時は足が浮いていて生まれたての子鹿ようだったとか少々言い訳が苦しい感がありました。

そもそも判定の基準ってなんでしょうね。
ダウンあるかないかはかなり大きいような気がします。
本人は手数やガードの判定が大きかったと言っていますが、11ラウンド目では手も足も止まり乱打を浴び3度も抱きつく場面があったのですが、はたして優位であったでしょうか・・・?

まぁ否定ばかりではあれなんで、いい面も挙げておきましょう。
なんだかんだで人気の陰りが見られるボクシング業界で今回の亀田選手の経済効果は108億円と言われています。
視聴率を挙げても平均視聴率42.4%、瞬間最高視聴率はなんと52.9%です。
単純計算で2人に1人は見ていたことになります。
また7月31日には「亀田三兄弟」が商標登録されました。
わずか19歳でこれだけの偉業が出来るのは大した者だと思います。

しかし、、

どうしても頭の中でデジャヴがありました。

なんだろうなぁって思ったら、そうホリエモンのあの時と似てるなぁって思いました。
二人に共通して言えるのが本人達の大胆な行動と、マスコミの持ち上げ方です。
ホリエモンの時は「金が全てだ」とか「稼げばいいんでしょ」とか金の亡者的な発言、漫画に出てくるような金持ちの嫌味のような発言を連発しつつもマスコミからはヨイショヨイショしてもらい絶大の人気を博してしましたが、一度不正が見つかった瞬間徹底的に叩きまくりでしたよね。
そう亀田選手も実は結構マナーは良くないのです。
試合前に相手選手への挑発はまぁパフォーマンスとして捕らえれば悪くないかなぁと思いますが、一般の人(目上の人など)に対する発言に置いてもまったく持って敬語がないです。
本人も尊敬する人以外は敬語を使う必要は無いと豪語しているぐらいです。
他にも負けたら次は無い、勝って始めて勉強出来るんだという発言からはまだまだ子供だなぁという印象も受けます。
一部のボクシング関係者からは弱い相手とばかりで連勝しているや、相手選手への挑発行為に対する指摘がたくさん出ています。

今まで散々マスコミはヨイショヨイショしてきましたが、今後どうなっていくかが気になるところですね。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。