晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中々伝わらぬこの思い
ラグナロク2のオープンβが始まりましたね。

早速大量のBOTが出現のようです。
結局前作のラグナロクでの経験はあまり活かしきれていないようですね。
ラグの方はどうなんでしょう?
プレイしていないからなんとも(´・ω・`)

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20070911-00000076-jij-pol



=== 記事引用 ==================
舛添要一厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、一部事務職を割増賃金の支払い対象から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション制度(WE)」について、「名前を『家庭だんらん法』にしろと言ってある」と言い換えを指示したことを明らかにした。その上で、「残業代が出なければ、早く帰る動機付けになる」と評価、働き方の改革の一環として取り組む考えを示した。
=== 記事引用 ==================

なんとゆーか、本当に政治家って何も分かっていないもんなんだなぁとつくづく実感しましたね。
もー完全に自分の妄想の中でストーリーを作り自己満足に浸っているんでしょうねぇ。

> 残業代が出なければ、早く帰る動機付けになる

バブルの時代じゃあるまいし、今時残業代の為に残業する人はそんなにたくさん居ません。
ほとんどがサービス残業で帰りたいのに帰れない状況です。

結局、幹部職等の上の存在しか見ていなくて、末端から中間に掛けての実情を何も知らないようですね。

結局サービス残業を合法化し過労死を促進させたいようです。

どうせ政治家は幹部職の人間ぐらいしか付き合いの範囲が無いようなもんだから、その幹部職の支持を集める為に幹部職の気持ちに必至に答えようとしていますが、世の中幹部職より中間職や一般職の方が遥かに多いんですよね。
今の世の中、残業代が出て残業することよりも、残業代が出ないのに残業させていることの方が問題となっているのに・・・

幹部職の人間からサービス残業を合法化してくれって頼まれて、この法案を通そうとしている感がひしひしと伝わりますね。

だってふつ~にふつ~に普通に考えてね、残業する残業しないの権限はほぼ上の人間が握っているようなもんですよ。
もしこの「家庭だんらん法」が通れば、残業代0によって上の人間はいくら残業させても出費にならないから部下に残業を要求するようになるでしょう。
まさか、部下が上司に対して「残業代0なので帰ります」と言えるわけがないでしょう。
「残業代0なので帰ります」と言ったから法律違反にはなりませんが、評価に影響する為、殆どの人が言えないことでしょう。
それよりも「残業代を払わないと厳しい罰則有り」という法律が出来れば、とにかく上司は経費削減の為に無駄な残業をせず帰りなさいと部下に薦めるでしょう。

たしかにバブルの頃は、稼ぐ為に無駄な残業をするのが流行った時代もあります。
更に個人の能力によっては残業せずに済む人と残業しないと終わらせられない人の差で企業内で問題になった事もあります。
だけど、実際にはお客さんから「これ何とか明日までに仕上げて!」とか「トラブルが発生した」とかで嫌が応にも残業しないといけないのが多いのもまた事実です。

(とゆーか、残業しないといけないのは貴方の能力不足だからですと、部下を言い包める上司が居るからNEETが増えている事も分かってないですよね。)

なんとゆーか、井の中の蛙とはまさにこの事。

一度でいいから末端の人間と面と向き合って話し合い付き合ってみて、実際に末端の人間の仕事を体験すべきですね。

本当にここは日本か?って驚愕するでしょう。

俺もSE時代は毎月150時間以上の残業をしていました。
そう、基本時間よりも残業時間のほうが長い状態でしたね。
たしかに入社当初は能力も低かった為、自分のせいで残業することもありましたが、成長する上で作業が早く終わるようになりました。
すると今度は他人のケツを拭かされるようになり結局作業時間変わらず。
まぁたしかにプロジェクトはチーム全体で作業する為、自分担当終わりましたから・・・なんて言い訳は通じる訳なく、チームの遅れている部分を結局手伝う事になり150時間以上の残業を2年ぐらいしてたもんです。
でもまぁそれでも残業代が出れば文句はありませんよ。
150時間以上残業して残業代無し、もちろん最終バスに間に合うわけがないのでタクシーで帰るのですがタクシー代も出らず。
土日祝日出勤で、平日に病院に行くと欠勤扱い。
働けど働けど何故かお金が減る理不尽さにストレスも溜まり、慢性胃炎、蕁麻疹、軽鬱を併発して、結局会社を辞めて個人事業を始めました。

だから今の俺はどんな法案が来ようとも定時ダッシュ!!
個人経営はリスクが大きいですが、時間に融通が利くところが良いところですね。

ランキングに投票する場合はポチっとね






コメント
この記事へのコメント
企業経営者と公務員が得するだけ・・・
だと思う。
2007/09/12 (水) 02:33:46 | URL | monyu #pYrWfDco[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/12 (水) 08:51:36 | | #[ 編集]
全くですね
2007/09/19 (水) 20:48:03 | URL | KIT #afV7RtDg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ホワイトカラーエグゼンプションホワイトカラーエグゼンプション(または、ホワイトカラーイグゼンプション、white collar exemption、ホワイトカラー労働時間規制適用免除制度)とはいわゆるホワイトカラー労働者(主に事務に従事する人々を指す職種・労働層)に対する労働
2007/10/31(水) 18:00:30 | 『労働』の知識
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。