晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
企業モラル
昨日の新聞で、スクウェア・エニックスは平成7年度はDSなどの携帯型ゲーム機の開発を増やす考えで、PS3ソフトを2008年3月まで発売する予定は無いと発表しましたね。

そういえば以前、ブログでゲームの開発費用について取り上げた事がありました。
(参考ブログ:ゲームは高いが開発費も高い・・・)

こうなるとソニーも厳しい状況に立たされましたね。
今年度中に200本ソフトを販売すると豪語していましたが、どこの企業も全力疾走で逃げていますなぁ。

ソニーは10年ほど前にPSを出して成功してから、それ以前の任天堂と同じように態度が高飛車となり、ソフトの料金から開発費用まで跳ね上がりました。

良い失敗例があるのに同じ轍を踏むもんですね。

http://www.news24.jp/86810.html[記事削除済み]

== 記事引用 =========================
「ミートホープ」によるひき肉の偽装問題で、警察は24日、不正競争防止法違反の疑いで本社など関係先を家宅捜索した。
また、「北海道加ト吉」の工場長が、廃棄すべきコロッケをミートホープに販売していたことがわかった。

ミートホープ・田中稔社長は24日朝、強制捜査を前に「販売店も悪いし、半額セールで
(冷凍食品を)喜んで買う消費者にも問題がある」と心境を語った。

一方、加ト吉は、北海道加ト吉の工場長が本来、廃棄しなければいけないコロッケを
ミートホープに販売していたことを明らかにするとともに24日付で工場長を解任した。
販売したコロッケは8万個に上り、工場長は代金として30万円~40万円を得て、
懇親などに遣っていた。
== 記事引用 =========================


これは消費者を煽っているとしか思えない言動ですなぁ・・・
ここまで底なしの馬鹿でも経営者になれるもんなんですね。

>販売店も悪いし
>喜んで買う消費者にも問題がある

呆れて物も言えません。
もし、消費者が通常値段が良い!倍の値段でも良い!って言ったら不正に別の肉を混ぜなかったとでも言うのか!?
廃棄物を販売しなかったとでも言うのか!?

もちろん答えはNOですよね。
消費者が高く買うと言えば、結局不正をしてボロ儲けしようと企むはずですよね。

まぁ、鳥インフルエンザで中国産カモ肉が大暴落した時に買い占めて、牛ミンチに混ぜて販売している経営者です。(参考記事)

心底腐っている生き物じゃないとこんな悪質な行為は出来ません。
こういう態度を取る経営者はもはや人間ではありませんね。

この会社では、牛ミンチと表記して、実際には鶏肉を混ぜていたり、ひどいケースでは牛も鳥も入っていない、何か良く分からない肉まで混ぜていたようです。

給食でも利用されていたようですが、もしも消費者に鳥アレルギーの人が居たらどうなっていたでしょう。
表記上、100%牛と書かれていたら安心して食べて、その後下手したら死を招いたかもしれません。
また、死に至らぬもアレルギー症状で体調を崩し、原因を探る時にまさか鳥が入っているとは思わず、別の検査をするのに必至になっていたかもしれません。

まぁあの経営者に何を言っても右から左でしょうね。


ランキングに投票する場合はポチっとね





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。