晴れ時々KIT
ネットゲームやホームページ作成が趣味の管理人が日々の生活を日記にしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
呆れて言葉が・・
自宅は電波が悪くて通話しにくい、、、な~んて人に必見!
ソフトバンクでは満足度100%を目指して自宅にホームアンテナを無料で設置するサービスをやっています。

ホームアンテナとは自宅にアンテナを設置して、ソフトバンク3Gの通信サービスの電波を屋内まで届くようにする装置です。

で・す・が、

よぉぉく規約を読んでみましょう。

電源を入れたり切ったりしないでください。『電波法』の定めにより、一年以下の懲役または百万円以下の罰金に処せられる場合があります。


落とし穴もあるので要注意・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20070525-00000119-mai-soci


== 記事引用 ====================
インターネット上にデータを保存する「ストレージ」を利用し、ユーザーが自分のCDなどの音楽データを保存、いつでも携帯電話にダウンロードして聴けるサービスの提供が著作権侵害に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(高部真規子裁判長)は25日、著作権侵害に当たるとの判断を示した。
 問題のサービスは、情報通信会社「イメージシティ」(東京都台東区)が05年11月から始めた「MYUTA」。ユーザーは音楽データをパソコンから同社のサーバーに保存し、携帯電話へのダウンロードはユーザー本人しかできない。
 このサービスに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権侵害だと指摘。同社はサービスを中止したうえで、同協会を相手に著作権侵害に当たらないことの確認を求めて提訴していた。
== 記事引用 ====================


( ゚д゚)・・・

呆れて言葉も出ませんね。

Winny作者逮捕の時も感じましたが、日本の裁判官はどうもインターネットやコンピューターに関する知識が無さ過ぎるように感じます。

上記の内容は、自分で購入した音楽データを、自分だけのサーバースペースに保存し、自分だけがダウンロードするのが違法ということです。

これはつまり、駅のロッカールームに購入した音楽CDを保管して取りに行ったら違法ということを意味しています。

著作権から大きく逸脱し自己満足の世界に入っていますね。

ファイルストレージサービスとは、ユーザ自身が自分の音楽データを保存し、携帯電話などの別に機器にダウンロードできるサービスで、ユーザ自身しかファイルのアップロード、ダウンロードは出来ず、サーバーを管理している会社も、警察からの特別な要請が無い限り基本的にデータの取り出しは禁止されています。

そう、利用者は自分自身のデータを操作する事しか出来ないはずなのに、「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」という判決です。

多分裁判官はこう考えたのでしょう。

本来Aさんのパソコンには●●という音楽CDデータがありました。
Aさんが、ファイルストレージに音楽CDデータをアップロードすると、Aさんのパソコンとファイルストレージに二つの同じデータが存在します。
ファイルストレージのデータはAさんの物ですが、明らかにここで複製行為が行われています。
ファイルストレージに保管されているデータはAさんの物ですが、ファイルストレージと言っても所詮ただのハードディスクです。
裁判官にとってはハードディスクはファイルストレージサービス会社が所有しているから、ファイルストレージサービス会社の物じゃん!

ここを裁判官は有罪と考えたのでしょうね。

どうも日本の一部の裁判官は余りにも能力に欠けているような感じがしてなりません。
今回はカラオケ法理が適用されたようですが、カラオケ法理とは全く別物の気がしてなりません。

今回の判決は日本のインターネット業界に余りにも大きな副作用を引き起こす結果となりそうですね。

皆さん、下記に箇条書きしている項目、普段何気なく行っている人もいるかと思いますが、今後下記の内容は違法となります。

・Yahooブリーフケース等のサービスで音楽データ等の著作物を置く行為
・自分のメール宛(携帯電話含む)に音楽データ等の著作物送信行為
・インターネットを経由したバックアップ行為
・メッセンジャーで音楽データ交換行為


最近日本でのインターネットが絡む裁判で世界から見ても余りにも馬鹿げた内容が多い気がしますね。
下記に一部を紹介します、、、

・P2Pソフトを開発すると逮捕
・アップローダーを運営したら逮捕
・ストレージサービスを運営すると逮捕

今後閉鎖を余儀なくされるサイトは以下です。
(閉鎖されずにサービスが残ったら、不平等この上なく、一体何が正義なのか分からなくなりますね。)

Yahoo!ブリーフケース
インターネットディスク(ジャストシステム)
セキュアシェア(KDDI)
ファイルバンク
フレッツドットネット
.Mac
・その他ストレージサービス運営会社

閉鎖はされなくても利用方法が制限される可能性があるもの
・全てのメールサービス
・全てのレンタルサーバー


こうしてどんどん日本は世界から取り残されていくんだろうなぁ・・・


ランキングに投票する場合はポチっとね






テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 晴れ時々KIT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。